サポートスタッフ紹介【堂河内さん】

・自己紹介

・お名前:中村愛子

・お住まいの中国の都市名:江蘇省

・中国でのお仕事:日本語教師、webライター

・中国在住歴:6年

 

・趣味、休日の過ごし方:

ジム通い、ランニング、バトミントン、水泳、カフェ巡り、ドラマ鑑賞、読書

 

・中国に移住した理由は:

夫は以前設計の仕事をしており、どこでも生活することができたので、私たちは海外生活を考え初めました。経済が急速発展中の中国に可能性を感じ、中国の生活に興味を持ちました。中国の江蘇省が上海に近く物価もほどほどで住みよい場所だと聞き移住することにしました。中国は予想をはるかに上回るほど急速に発展しており、生活もかなり便利で、すぐに魅了されました。後に海外で設計の仕事が難しくなったので、夫は転職して現地採用されました。そして、無事定住することができました。

 

・中国で生活していて困ったことや、トラブルに遭遇したことなど:

夫は現地採用ですから、私たちには企業のサポートがほぼ無く、かなり苦労してきました。実のところ、知らないが故に100万円くらいのお金を損したと思います。病院、転職、就労ビザ取得、飛行機、言語、賃貸マンションの6つのポイントで特に苦労しました。一番つらかったのは、夫が深夜に高熱を出したので、現地の大病院に行ったときのことです。病院に着くと夫は過呼吸の発作が起きました。でも、病院が広すぎて、どこで何をしていいかわかりませんでした。中国語が話せず、すぐに見てもらえませんでした。その後中国語ができる日本人の友人が電話通訳し、病院に駆け付けて助けてくれ、夫は無事治療してもらえました。また、夫が自力で仕事を見つけて、就労ビザを入手した時も必死でした。さらに、飛行機の時間間違いで、乗り過ごしたこともあります。また、店で買い物するとき中国語が上手く話せず困りました。賃貸マンションが気に入らず4回引っ越しました。様々なトラブルに対処する日々でしたが、その反面、刺激的な生活を楽しんでいたんだと思います。

 

・これから中国移住する人へのメッセージ:

いざ中国移住が決まると、何かと不安を感じるはずです。私もそうでした。移住後、中国語を話せる日本人のサポートは貴重です。中国生活6年の経験を活かし、みなさんが困らないようサポートして参りたいと思います。コロナ流行で日本の不景気が進んでいますが、中国経済は比較的良好なので、改めて中国市場に注目する方も増えていくことでしょう。私は中国の生活が大好きで、みなさんにもぜひ楽しんでいただきたいと願っております。中国語が上手く話せないと、中国の方に冷たく対応されることがありますが、大抵の方はただ正直なだけなんです。中国語が話せるようになると、中国にはおしゃべり好きな優しい人が多いことに気づくはずです。私は、日本で空気を読むのが苦手で内気でしたが、中国では正直にのびのびと話せるので、性格が明るくなってきました。中国生活はかなり便利です。完全キャッシュレスで、スマホ一つで大体何でも解決します。タクシー、地下鉄、ネットショッピング、野菜、果物、外食などが安いです。 みなさんも中国の生活や文化をぜひ満喫してください!